ノゾミに向かって

〈6:どこへ行こう?〉

2019.6.23

こんにちは。エリア51の神保です。

 

このプロジェクトも残すところあと6日となり、これまでたくさんの方からご支援、応援のコメントをいただきました。みなさん、本当にありがとうございます。

 

演劇をつくる仲間からも、色々な意見をもらいます。その中で、自分がなんのために演劇を作るのか、考え直す機会がありました。

 

この創作は、一体、何に貢献できるのだろう。

支援してくれた人に、演劇を観にきてくれる人に、何を返せるか。

 

 

それはきっと、何かが好転してくれることを願い、信じることしかできないと思います。つまり、他の誰よりもできるだけ多く願い、信じるしかない。

そして、作って、届けます。

まだ見ぬ、劇場にて、あなたへ。

 

まだ見ぬ景色をともに見ようと、

劇場の「何もない空間」に、夢を見ようと。

 

それが、自分が演劇をする”意義”だと思いました。

 

客観的になっている場合ではなくなったから、主観で、

私の、私たちの目で、手で、主観の世界で、やろうと思った。

 

私たちはいつでも客観的な私を招きたがる、

右目が夢を、左目が現実を見ているから。

でも心の目は、

心の目は何を見るか。何を見たがっているか。

すべての瞼を開いたときに、映る景色の地平に、

劇場の扉が、開かれて待っている。

 

どこへ行こう?

こころ震わせながら。

まだ見ぬたくさんのあなたとともに見たい景色。

電車にも飛行機にも乗って行こう。

つまり手段は問わないということ。

 

私たちの哲学や思想が、なんの役に立つというのか?

私たちが演劇について、自由について語ることは、ひとつぶのアサガオの種にすらなりやしないでしょう。

あなたの中に、未来のかけらに、唯一ある、それがノゾミ。

 

私たちが演劇をする”意味”、あなたが観客になる”意味”、

本当はそれについては語りたくありません。

 

ただ出会って、それでいて自由でいたいのです。

 

どこへ行こう? どこへ行こう?

そのために、同じ夢を見るために、それを成立させるために、

儚いけど、

みなさんから力を借りて強くしたい。

 

 

そう思いました。

 

考える過程で、どうしても、まとめておきたいことをnoteに書きました。

お金をいただくということについて、

演劇をする上でお金をいただくということについて、です。

 

お時間のあるときに全文読んでいただけたら嬉しいです。

こちらをクリックしてください!

 

最後に、改めまして、ご支援ご協力してくださっているみなさま、本当にいつもありがとうございます。

みなさんの思いを分けていただくことで、たくさんの気持ちを知ることができました。そしてこれから、もっとたくさんの人と出会っていくことの意味や、重大さを実感しています。

 

残りの6日、全力で考え抜いて、必ず目標金額に達成します!どうかそれが、応援してくださるみなさんへの、アサガオの種となりますよう。

© 2020 エリア51 Area51 All Rights Reserved.